リバーシ

文字サイズ:

リバーシ-逆バージョン-

相変わらず強気な口調が心の奥にあるS心をふつふつと沸かせてくれる。


「そうだよ、私をこんなにエッチにさせたのはヒロトだもん。でもこんな私を見て勃起してるヒロトだって同じことでしょ?」


跨いだ股に丁度当たっているヒロトの熱い膨らみ。

ズボンの上からだって分かるから、私はそこに股をすりつけた。


「このズボンにこの愛液垂らしちゃおうかな……?」

「……っ、だめに決まってんだろ」

「どうしたのヒロト。さっきよりも威勢が弱くなってるね……?」


さっきよりも体重を掛けて股を激しく擦り付けていく。

ヒロトは気持ちいいのか顔を上気させていってる。


「ねえ、気持ちいいんでしょ?」

「は……、気持ちいいに決まってんだろ。もっとやれよ。その厭らしい腰つき見ててやるから」

「んぅ、ホントにヒロトってば負けず嫌いなんだから」


ズボン越しじゃ物足りなくなってきて、私はヒロトのズボンを脱がせた。


「パンツの上からなら掛けてもいいの?」

「ああ、なんなら直接でもいいけど?」

「直接したらヒロト、イッちゃったりして……」

「バーカ、お前が先にイクんだよ」


こっちが優位に立ってるのに。

それならどっちが先にイカせられるか勝負してやる。


私はパンツもずり下ろした。

勢いよく現れるそそり返った肉欲にドキッとしながらも、吸引器でたっぷり溜まった愛液をそこに垂れ流した。

どろりとした液体がヒロト自身に纏わりつく。

すごく厭らしい光景だった。

愛液が絡みつく肉棒の裏筋に秘部を擦り付け始めた。


「はぁっ、ああんっ、ふぁッ……」


すごいヌルヌルしてて気持ちいい。

クリをカリで引っかかれるとゾクゾクしてイッちゃいそうだった。


「く、はぁ……」

「はぁんっ、ヒロト……、気持ちいいよぉッ」

「ほら、もっと腰厭らしく動かせよ。じゃなきゃ俺をイカせらんねえよ?」

「あぁあんっ、イカせるもんっ、ふぁああん!」


割れ目で裏筋を擦ると私まで気持ちよくなっちゃう。

とろとろの液が丁度イイ刺激を生み出して、腰が止まらない。


「はっ、菜子お前……、自分が感じちゃってんじゃん」

「はぁ、あんっ、違うよぉ……」

「そうかぁ、違うかぁ……」

「ひぁッ?!」


愛液が垂れて纏わりついている蕾の襞を指で撫で回された。

きゅうっとそこが締まってひくつく。


「そんなとこ、触っちゃやぁ……ッ」

「気持ち良さそうな顔しといて嫌じゃないだろ」

「あっ、ああんっ」


蕾の中心をぎゅうっと押されて甲高い声を上げてしまった。