青春グリッター

文字サイズ:

腰を痛めていることを気遣ってか、あまり激しい出し入れはされず、子宮の奥まで入れられてぐりゅぐりゅと腰を押し回される。


「あっ、はぁんっ、やっ、やぁ……っ、それ……きもちぃよお……っ」


せっかく声を押し殺そうとした手は無意味で、気持ちよさのあまり溢れてしまった。

腰を回される度に膣の壁にヒロトの肉棒が擦り付けられて、その形がわかるくらい感じ取れて嬉しかった。

だって、ヒロトが私の中に入ってる――。


「あぁっ、んん……幸せっ、ヒロト……っ」

「俺も幸せ……」


ヒロトの顔が近づいて来たから手を伸ばして抱きしめた。

お互いの唇を貪るように何度も何度も口付けを交わす。

激しく腰を動かせないから、せめてキスは激しく――。


「ヒロト……っ、腰、平気だから、いっぱい動いても、いい……」

「え……いや、でも」

「だっていけないでしょ?このままじゃ」

「ダメだよ、菜子の身体がすっげー大事なんだから」

「……っ」


その気遣いの言葉にまた濡れてしまった。

緩い腰の動きが焦れったくてどんどん濡れてきちゃう。

それと対象的に激しいキス。


「んっ、ふぅ……はぁっ、んん……」

「はぁっ、……っ、菜子……好きだ。愛してる」

「んっんんーっ!」


入口に近い浅い場所で出し入れされると私は堪らなくなって潮を吹いてしまった。

きゅうきゅうと膣内が痙攣を起こすとヒロトも腰をビクつかせて引き抜き、私の太ももに欲を吐き出した。

熱くてとろとろの精液ーー。


いつか、これを中で出して欲しい。


「はぁっ、はぁ……っ、好き、ヒロト……」

「ごめんな、腰痛めてんのに、抱きたくなって……」

「ううんっ、それでも気遣ってくれたし、なにより、ヒロトに愛されるの好きだから……」


だからいつだって抱いて欲しいの。

汗でベタベタになった身体で抱き合うのさえ心地よくて――、こうやって私のものだって感じられれば女の子に騒がれてたって我慢する。