従順なこねこちゃん

文字サイズ:

従順なこねこちゃん

ヒロトのバカッ、変態ッ、と心の中で叫ぶ。

本当にヒロトは変態すぎてどうしようもないやつ。

大体にゃーちゃんにゃーちゃんってなんなのにゃ……、って私も心の中でもにゃーつけんなよ!


自分自身にも叱咤すると、突然身体の中心が抉られるような刺激に目を見開いた。


「ふにゃぁッ?!!」


浴室に響く無機質な音――、後ろを振り返れば尻尾がぐにゅんぐにゅんと蠢いている。

お尻の中に埋まったバイブが動き出したのだ。


「俺においたしたらお仕置きだってわかんないの?」

「にゃぁあッ、ヒロト~……ッ!」

「ご主人様だってば」

「ふぁぁあんッ、にゃぁ、ッ……はぁ!」


ヒロトはバイブのスイッチを弱から強に変えてみせた。

身体の力が抜けて、私はシャワーで濡れた床にへたり込んだ。


「ははっ、お尻の穴でもそこまで感じられるようになったか!」

「は、うぅ~~ッ」


床に落ちた尻尾が濡れていく。

その濡れた尻尾を手に取り厭らしく撫であげるヒロト。

それだけじゃ私の身体にはなんの刺激もないのに、何故か気持ちいいと感じてしまった。